高齢者向けに考えられたマンションに住むという選択肢

高齢者向けに考えられたマンションに住むという選択肢

高齢者に負担の少ない生活導線など、高齢者向けに考えられたマンションが高齢者用マンションがあります。通常、管理会社やオーナーは、高齢者の方に対して快く貸し出している所は少ないですが、高齢者が入居する事を想定して造られていますので、拒まれる事はありません。


完全にバリアフリーのところだけではなく、段差等があるものも含まれていますが、一般的には手摺が居室の廊下等に付いていたり、警備会社への通報装置が付いていたりするものもあります。
中には管理人が常時いる所もありますが、必ずしも介護資格を持った管理人ではありません。管理人がいる場合には、その管理人への人件費等もかかるため、普通のマンションに比べれば少し割高になっている場合もあります。


このようなデメリットはあるものの、一般の住まいと比べると、周りにも高齢者の方がお住まいになっていますので、趣味が合う方がいれば旅行に行かれたり楽しまれたり等、これまでの環境とは違うメリットがあります。
入居の要件として、元気な方を想定している所がほとんどのようですが、介護が必要な方でも身の回りの事が何とか出来ている方であれば、入居は可能のようです。


介護が受けられる体制を併設したケア付きマンション

建物の構造がバリアフリーでヘルパーステーションや訪問介護事業所、訪問看護事業所など介護が受けられる体制を併設した高齢者向けのマンションを指します。


健常者として、入居から終身に渡って安心し、かつ高級感のある老人ホームで過ごしたい方に向いているかも知れません。
介護が必要になった際には、併設した介護事業所の介護サービスを受けることができます。


造りも若い方向けのものとは違い、浴室やおトイレに手摺が付いているなど配慮がなされています。普通のマンションとの一番の違いは、緊急コールボタンが設置されているか、もしくは管理人が24時間常駐している点にあります。
身の回りのことができることが入居要件としている所が一般的で、自立した生活を送りたいが少しのサポートや安心感が欲しいといった要望に合わせた施設です。


これまでは夜間の定期的な介護が難しいことが課題として考えられていましたが、最近では巡回型の訪問介護サービスを行っている事業者も出てきており、介護付きマンションでも安心して過ごせる環境が整ってきたと言えるでしょう。


 
コンテンツ