有料老人ホームの見学時のポイント

有料老人ホームの見学時のポイント

老人ホームを見学する際には、本人が一人だけで臨むと主観的になってしまったり、初めて来た場所で緊張してしまったり…、じっくり見ることもできないままで早々に帰ってしまうことにもなりかねません。
見学には家族やご夫婦、気のおける友人達と一緒に出かけ、各々の目で施設の気になる部分をチェックしましょう。


また、最初に見学した施設が気に入ったとしても、別の施設も見学し、サービス対応の違いや環境・雰囲気などを確認し、比較しながら、じっくりと検討しましょう。インターネット上に公開されている有料老人ホームを選ぶ際のチェックリストなども活用されると良いかも知れません。


また、同じ施設でも天候によって違って見えたり、日当たりなどもわかるのでこの点も注意しましょう。何度か足を運ぶのも良い方法かも知れません。
施設によっては内覧会やイベントも行っていることもあるので、日程を合わせ、雰囲気を確認するのもお勧めできる方法です。


健康な高齢者の選択肢

有料老人ホームの入居希望者には、特に介護の必要もない方が大勢います。
このような方々に最適な選択肢が健康型有料老人ホームで、趣味に没頭することも可能ですし、家族の世話も必要としていないので自立した生活を送ることができます。


健康型有料老人ホームの最大のメリットは、趣味や運動も誰かの手を必要としないため気兼ねのない時間の楽しみ方が出来ることでしょう。
こうした環境だと暗く寂しい老後のイメージもなく、快適な時間を過ごせることが期待されます。


一方、介護が必要になった場合には施設から出て行かなければならないというデメリットもあります。
健康型有料老人ホームは健康であることが入居の条件なので、介護が必要になった場合には、介護型の有料老人ホームもしくは他の施設などに移るという契約をされている施設もあります。
またその他にも、訪問介護という方法もあり対応は様々です。
健康型有料老人ホームの入居に際しては、介護が必要になった際のことも考慮し、契約内容の確認をしてから入居先を選定するのが重要です。


 
コンテンツ